1. 業務中の新型コロナウィルス感染リスクへの備え

法人向け2021.05.04

業務中の新型コロナウィルス感染リスクへの備え

業務中の新型コロナウィルス感染リスクへの備え

従業員の業務中の感染リスク

業務中に従業員が新型コロナウィルス感染症に罹患したら・・・
どうしますか?

「業務中に罹患したのに、会社からは何も補償は無いの!?」
・・・とならないためにも、備えておきましょう。

従業員の業務中の感染リスクに備えるには?

【想定する事故例】
従業員が新型コロナウィルス感染症に感染し入院。
業務中の感染であると労災認定された。

【POINT】
新型コロナウィルス感染者が、普通保険約款に規定する「業務に起因して発生した症状※」に該当する場合は、「入院補償保険金・手術補償保険金支払特約」、「通院補償保険金支払特約」の補償対象となります。(死亡補償保険金については補償対象外)
※「業務に起因して発生した症状」とは次の①~③の3つの要件を全てみたす場合に限られます。
①感染が偶然かつ外来の原因によるもの。②感染が労働環境に起因するもの。③感染の発生が時間的および場所的に確認できるもの。

photo

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

iine
twitterfacebook_splinefacebook_sp
contact

Contact

私たちは、今日も笑顔で
お客様とのご縁をつなぎます。

ご質問やご相談など、
お気軽にお問い合わせ下さい。

電話でのお問い合わせtel0586-85-5138[受付時間]9:00〜17:00(平日)

LINEでのお問い合わせ